搾取は1000万人の未成年者に影響を与えます

世界中の人々の搾取は4000万人以上の人々に影響を与えており、カナダやポーランドやイラクなどの国の住民の数よりも多いです。それは、ほとんどの部分が隠されたままであり、権利の保護されていない国だけでなく、西側の民主主義でも、様々な生産部門で奴隷として雇われている児童労働の搾取や人身売買を食い物にしている現象です。確かに、この現象の増加の原因の1つは、戦争、飢饉、および原産国の困難な政治状況の影響を受けた人口の強制移住です。これらの移民は、保護と豊かな国からの保護なしで行われ、しばしば異なる方法で反対しさえし、国際機関からは、人々を弱体化させ、犯罪組織の餌食にしています。政治問題だけでなく、健康問題についても、人々の搾取を促進するだけでなく、非常に低コストまたはゼロのコストで労働力を容易に見つけられる犯罪組織の成長を促進するため、すべての人に影響を与える法的問題が根付いています。搾取統計を埋める4000万人のうち、18歳未満の未成年者は約1000万人であり、その割合は25%と推定されています。このデータは、特にこれらの未成年者の大多数に影響を与える雇用が性的搾取に関連していると考える場合に、現象の関連性をさらに深刻にします。パンデミックとそれに伴うロックダウンにより、エロティックコンテンツサービスの需要が高まり、一部のヨーロッパの州では消費が30%増加しました。これらのサービスはサイバー犯罪と深く結びついており、未成年者がますます多く、全体の約68%を占めていますが、2016年にはヨーロッパでは女性の数が増えています。搾取されていない未成年者の総数の68%の女性の数字が4年間更新されていないことは、現象の可能性と対照的な意志に関しても雄弁な要因です。学校施設によって課された閉鎖は、正当化されたとしても、制御および社会的防止の要因を排除し、未申告および違法な仕事での未成年者の雇用への利用を促進したことも覚えておく必要があります。しかし、パンデミックはすでに存在している現象を強調しています。これは、財政収入が違法に基づいている民族コミュニティに根拠があり、ニーズの状態と絶対的な弱点を利用するものです。自国、犠牲者。児童搾取の側面は、連合の国籍にも存在しますが、論理的には移民、特に不法移民と外国人に反対する運動の存在に関連する起源を持ち、保護に必要な政治的注意をシフトさせますまた、地方自治体が提供できるネットワークに基づいて、予防と管理への投資がますます減少しているため、未成年者の割合も減少しています。性的搾取のケースが最も遺憾ですが、明らかな道徳的意味合いのために、関係するセクターは他にもあり、商業、ケータリング、および第三次セクターも含まれます。したがって、ヨーロッパレベルでは、現象の予防法と抑圧法が必要であるだけでなく、国の警察力と、とりわけ、この現象の一部であり含まれている移住問題に対する一義的な態度も必要です。法の本拠地となるはずのヨーロッパで容認されるこのような違反は、古い大陸の法制度全体の信用を落とすことを意味します。移民に関するさまざまな立場を調整することは容易ではありませんが、少なくとも、子供時代と思春期の違反について統一された立場を取ることは、外国から非法的な方法で来た人々でさえ、ビューは保証されるべきです。この問題は、移民の到着前、到着中、到着後に人身売買を利用し、違法な収入を得て、経済的収入を増やして組織を強化している組織とは対照的です。より大きな罰則と特定の事件を阻止することができる適切な構造を備えた防止を伴うより厳格な法律も、国内および海外のアンダーワールドに対する投資となります。